評判と口コミを確認してから薬剤師派遣会社を選びました。

薬剤師ママの奮闘記


私は、ブランクが長いので仕事の勘を取り戻すために週に2、3回程度の勤務から始めることにしました。最初に紹介された案件は、自宅からバスで20分程度のところにあるドラッグストアの仕事でした。勤務時間は、平日の午前10時から午後14時までで、月曜日と金曜日、隔週で水曜日に出勤することになりました。時給は、ブランクもあるため、安かったです。でも、まずは仕事の勘を取り戻すことが大事だと思ったので引き受けることにしました。そこでは、レジ打ちや受付、棚卸などの雑務が多かったです。そこのドラッグストアは、週末に人がたくさん訪れますが、平日の昼間はあまりお客さんも少なく、落ち着いた雰囲気で仕事ができました。おかげで、それほどしんどくなかったので、家事や育児にも支障がでませんでした。そこの調剤薬局の仕事は、半年ぐらい続けました。その後は、結婚前に病院で勤務していた経験を活かして、市民病院の仕事も紹介してもらえました。そこの市民病院では、無料の託児所が完備されているのが魅力でした。病院の仕事は、ドラッグストアとは違い、とても忙しかったです。しかし、仕事が終わったら、すぐに子どもを院内の託児所に迎えに行けるのは助かりました。


景色の写真


ほーむ( ´艸`)ムププ